• トップページ
  • 上映会について
  • 上映スケジュール
  • 上映レポート
  • 上映作品紹介
  • キャラクター紹介
  • メンバー紹介
  • オリジナルグッズ
  • ダウンロード
  • お知らせ一覧
  • ご意見・ご要望
ホシアゲル
上映レポート
【第13回/第14回】上映レポート
第13回
ショートムービー紙芝居型上映会 神戸公演
摩耶山 掬星台(きくせいだい/摩耶ロープウェー「星の駅」)「摩耶山笹おい七夕まつり」
2015年8月2日(日)
19:00~20:00頃まで


この度、第13回ショートムービー紙芝居型上映会に
お越しいただきましたみなさま、
ありがとうございました。

毎年、天上寺での上映でしたが、
今回は気分を換えて、掬星台での上映とさせていただきました。
お帰りの際も、すぐ目の前が摩耶ロープウェー「星の駅」ということもあり、
毎年お越しいただいている方々にとりましては、
少しは時間的なゆとりは感じていただけましたでしょうか。
いつも上映後は、慌ただしく星の駅へ向かっていただいていましたので、
とても心苦しく感じており、みなさまのご理解・ご協力にとても感謝しております。

今回、初の掬星台ということで、
私達もどんな上映空間が作り上げられるか、とても楽しみにしてました。
あいにくといいますか、掬星台の立地上、風への安全対策を考えて、
野外での上映は断念し、東屋での上映となりましたが、
半野外的な気分で挑むことができました。

この日は晴天でしたが、野外でやるとなると、どうしても天候に左右されるため、
準備段階から気が気ではないのですが、
今回は大きくて広い東屋ということで、万が一雨が降っても安心。と、
気分的に余裕をもって準備ができました。

ここ掬星台は、日本3大夜景にも選ばれている名所。
私の神戸に住んでいる時には、何度も訪れた場所。
そんな場所での上映できるとはとてもうれしいものです。

今回のメンバーは、
音楽と効果音に、
エレクトロニクス/山田泰正
エレクトロニクス/山崎明
テルミン・ボーカル/フェイターン
そして、東京公演に続き、今回も参加していただいた
ドラムス/田中良太

ナレーションに、
卯咲実美(うさきみみ)
蒼馬シオン(そうましおん)

CGアニメに
私、山岸純

以上の7人体制での上映となりました。

今回もいつものようにたくさんの方々にお越しいただきましたが、
程よい大きさの東屋ということもあり、
大きな小屋の中といった感じで、とても一体感があり、
野外とはまた一味違う心地よい空間。
演者的には、今後もまたここでやりたいな。と
思ってしまうほどの空間ができあがったような感じがしました。
今回はカメラマンの手配ができなかったため、
写真で見てもらうことができないのが悔やまれます。。。

来年は本上映会もおかげさまで10周年。
10周年は、これまで上映会を育てていただいた天上寺で上映したいと考えていますが、
その次は、またここ掬星台で上映したいと考えてます。

来年の10周年に向けては、新作も考えていますので、
どうぞご期待の上、またのご来場をどうぞよろしくお願いいたします。
▲写真が少ないので、せめて打ち上げの様子でも・・・

------------------------------------------------------------
第14回
ショートムービー紙芝居型上映会 神戸公演
摩耶山 掬星台(きくせいだい/摩耶ロープウェー「星の駅」)「摩耶山ナイトフェスティバル」
2015年8月8日(土)
20:00~20:30頃まで
この度、第14回ショートムービー紙芝居型上映会(ミニ上映)に
お越しいただきましたみなさま、
ありがとうございました。

この日の上映は、第13回の追加公演的な感じでの上映となりました。
星の駅の上にあるテラスでのミニ上映です。
今回は音楽は一切なしで、アニメと声優二人(うさきみみ+ 蒼馬シオン)による
ナレーションのみの構成でした。
思わず第1回、第2回上映を思い出してしまいますが、
ここは初心に戻った気持ちで二人に託しました。

さてそろそろスタートかなと思った時、
まさかのアクシデントが。
マイクがない・・・

ナレーションにとっては大打撃です。
何役もの演技しながら、声を張りながら、この難しさは、
ナレーション経験ゼロの私でもわかります。
二人ともどうしよう、どうしよう、といった感じ。

でもさすが長年やってきてくれた二人です。
二人は腹をくくって、マイクなしでやりますと。

私はただただ、
お願いします・・・
失敗してもいいから頑張って・・・
これしか言えませんでした。

二人はとても頑張ってくれましたが
やはりテラスいっぱいに聞こえるほどの大きさは難しかったようで、
その場にいたお客さんは、一生懸命耳を傾け応援してくれました。
この日は台湾からのお客さんもいて、楽しかったというお言葉もいただきました。

上映後は、同じテラスが一変し、
キャノンボールソニックというクラブイベントに。
日本一高い(標高が)クラブイベント(ということで)で大盛り上がりでしたが、
声優二人は、そのままとんぼ返り、夜行バスで名古屋へと戻りました。


2015年8月

山岸純

ページトップ
一覧に戻る