• トップページ
  • 上映会について
  • 上映スケジュール
  • 上映レポート
  • 上映作品紹介
  • キャラクター紹介
  • メンバー紹介
  • オリジナルグッズ
  • ダウンロード
  • お知らせ一覧
  • ご意見・ご要望
ホシアゲル
上映レポート
【第11回】上映レポート
第11回
ショートムービー紙芝居型上映会 神戸公演
神戸市灘区 摩耶山天上寺 摩耶山笹おい七夕まつりにて
2014年8月3日(日)
18:45~19:40頃まで


今回で11回目となった上映会も、今年で9年目を迎えることができました。
これまでの上映会では晴天の日が多く、雨が降っても上映開始の時にはやんだり、
上映後に降り始めたりと、何とか天候には恵まれ続けてきたのですが、
台風12号の影響でしょうか、10年目を目前に、とうとう雨と霧と強風の中での上映を経験することとなってしまい、
この天候では、いつも通りの屋外上映は無理だと判断し、今年はお堂の中での上映へと切り替える事にしました。
天気予報では数日前から雨の予報となっていましたので、念のためスクリーンも屋外用と屋内用をお願いしてはいましたが、
何せ屋内といっても、お堂の中。通常使用している5mのスクリーンを使用するわけにはいきません。
会議用のスクリーンかぁ・・・とあきらめモードになっていたところ、さすがはAVAさん(スクリーンやPAをお願いしている)、
プロの仕事を魅せてくれました!サイズこそ小さくなったものの、全く見劣りのしないスクリーンに仕立ててくれ、
私のテンションもアップ。
各パートそれぞれに準備に取り掛かりました。
準備も整い始め、音や絵を出し、今回の上映会の雰囲気がつかめた瞬間、みんなからの「いいねぇ」の声。
予想をはるかに超えた、本来ならありえない何とも素敵な空間が生まれました。
普段はリハーサルも本番前の明るい時間にやるため、映像のリハーサルはできず、
ほぼぶっつけ本番状態で挑むのですが、今回は屋内なのでリハーサルもでき、
気分的にもかなりリラックスできました。
準備は全て終わり、あとは本番を待つのみとなるわけですが、
一つ大きな心配がありました。
摩耶山山頂にある天上寺には、摩耶ケーブルと摩耶ロープウェーを乗り継いで
来なければいけないのですが、この天候ではロープウェーも運行を中止してしまい
お客さんも来れないのではとメンバー、スタッフともそればかり考えてました。
しかも、通常ロープウェーは2台運行しているのですが、今年は1台のみの運行となっており、
上映開始前のワークショップ予約受付では、今年は過去最高の来場者数がほぼ確定していただけに
中止だけはどうしても避けたい思いでいっぱいでした。
雨、霧、風はますます強まり、みんなで外を眺めていました。


来場予定時間の18時20分、なんとお客さんが大勢やってきました。この天候の中、お子さんも大勢います。
東京や岡山などからお越しいただいた方々も多数いらっしゃいました。
静かだった会場が、一気ににぎやかになりました。この時のうれしい感謝の気持ちは一生忘れられないと思います。
お越しいただいた皆様には、この場をおかりして感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
あの悪天候の中、私たちの上映会にお越しいただきまして本当にありがとうございました。


お客様全員に記念バッジを配り、その間、摩耶山上映のプロデューサー的存在の慈さんが、
開始前のMCで場を盛り上げてくれました。
バッジも配り終えたところで、本番スタート。
お堂の中での演奏は、屋外とはまた違った響きで、とても心地の良い空間となり、
また一つ、貴重な体験ができた一日となりました。


来年で、この上映会も10周年を迎えます。
またこれまでとは違った形で皆様をお迎えできるよう、
メンバー一同取り組んでまいります。
今後もどうぞ応援のほどよろしくお願いいたします。

撮影:小田倉璃菜(日本大学芸術学部)

2014年8月
山岸純
ページトップ
一覧に戻る