• トップページ
  • 上映会について
  • 上映スケジュール
  • 上映レポート
  • 上映作品紹介
  • キャラクター紹介
  • メンバー紹介
  • オリジナルグッズ
  • ダウンロード
  • お知らせ一覧
  • ご意見・ご要望
ホシアゲル
上映レポート
【第10回】上映レポート
第10回
ショートムービー紙芝居型上映会 神戸公演
神戸市灘区 摩耶山天上寺 摩耶山笹おい七夕まつりにて
2013年8月3日(土)
18:45~19:40頃まで

今年で上映10回目を迎えることができました。
これも、日頃より応援いただいてます皆様のおかげであり、
心より感謝申し上げます。

今年は10回目ということで、「ホシアゲル」新作をと思っていたのですが、
全く手が付けられなかったため、「ひとこぶらくだのうちゅうせん」と同じ、
サトウアキコ作による紙芝居「トランペットからうまれたうちゅうせん」を新作として上映させていただきました。

この作品も、上映間近に出来上がったのですが、
そこから初めて音楽チームはこの作品を見ることになり、
音を考える時間はほとんどないに等しいものでした。

声優陣も同様で、上映ギリギリまでナレーションのニュアンスを色々考え試しながら練習していました。


普段、メンバーは活動の場が東京・大阪・名古屋・・・と離れているため、
上映当日のリハーサルが初合わせとなります。
この「トランペットからうまれたうちゅうせん」の世界観は、始終とても静かで寂し気なものなのですが、
彼らの音が付くと、その静かで寂し気な世界の中に、広大さ・迫力・美しさなどが加わります。
毎度のことながら、音の力のすごさに感動されられます。
しかもここ摩耶山頂にその音が響き渡るのでそれはそれは圧巻です。


この日は、テルミン・ヴォーカル担当のフェイターンさんは、
昼の炎天下の中、大阪箕面での野外ライブに出演、出番が終わって次は急いで摩耶山に。
という体調を崩しかねないスケジュールだったのですが、
それと同時に心配だったのが、到着が間に合うかどうかということ。
この日は神戸の花火大会とかぶっており、
山頂から花火を見ようという車で夕方前から大渋滞になってしまい、
それに巻き込まれてしまったらもう間に合いません。
大丈夫かなと思っていたところ、意外に早く到着。
相当無理もしたのでしょう、お疲れの様子が伺えましたが、
彼女はみんなの前で常に笑顔を振りまいていてくれました。さすがムードメーカーです。


今年は18:45から上映スタート。
この時刻は5分、10分・・・と刻々と空が暗くなっていくのがよくわかります。
さすがに18:45はまだちょっと明るかったですね。
やはり19:00くらいがちょうどいいのかもしれません。
ということで、明るめの中上映がスタート。


今年のアニメは「ホシアゲル1」の上映はせず、
「ホシアゲル2」、紙芝居「トランペットからうまれたうちゅうせん」、紙芝居「七夕伝説」の3本立て。
そして音楽はオープニング含め4曲。
内1曲は、ものすごくかわいい、山岸もお気に入りの新曲!
音楽の場合は、同じ曲でも毎年新しい音やリズムで、素晴らしいアレンジを加えてくれているので
どれも新曲みたいなものですけど!


そして今年も神戸市立青少年科学館のプラネタリウムの解説員の方が
夜空を使った星の解説をしてくれました。
解説員の方がお話をしてくれると、星空と一体になれる気がするのでほんと不思議です。


また、摩耶山のヒーロー「マヤブルー」と、
天上寺のキャラクター「しゅげんくん」も応援に来てくれました。
・・・・・
「マヤブルー」と「しゅげんくん」と写真撮ったと思ったんだけど、ないなぁ・・・汗
ごめんなさい!「マヤブルー」と「しゅげんくん」
・・・・・

神戸の花火大会とかぶったこともあり客足が心配でしたが、
そんな心配はよそに、たくさんの方にお越しいただきました。
毎年お越しいただいてる方、今年初めてお目にかかった方々、
もっと皆さんお一人お一人に直接感謝の言葉をお伝えしたいのですが、
終了後の時間が全くないためお伝えできず、申し訳ありません。
この場をお借りしまして感謝申し上げます。
ほんとうにいつもありがとうございます。
今後ともどうぞ応援いただけますようよろしくお願いいたします。

撮影:小田倉璃菜(日本大学芸術学部)

2013年8月
山岸純
ページトップ
一覧に戻る